セカンドアースによって取り除かれる壁とは

セカンドアース、レム(RHEM)この2つの言葉が指し示すことは、私たちの今後の人生に重大な影響を及ぼす可能性を秘めています。
セカンドアースはヴァーチャルリアリティとブロックチェーン、2つの革新的技術を用いて作成された新しい仮想世界です。
一方レム(RHEM)は、セカンドアースで用いられる仮想通貨の名称です。他の仮想通貨と異なる点は、全てのVR空間で決済手段として機能する実用性が備わっていることです。

既存の仮想通貨におけるブロックチェーンは、実質的には通貨としての機能が少なく、投機的価値が目立つ中、仮想通貨は、実際に使用されなければ本来的には通貨としての価値がないものでした。レムはこの矛盾を解決する画期的な通貨です。

独自通貨であるレムとブロックチェーン技術をVR空間と組み合わせて開発する意義として、VR空間がシステムによって誰にでも平等に、安全に、ルール化のもと、管理することが挙げられます。現在のネット通販にはないリアルな購買体験や、体験としての情報財、遠方の人々と経験のシェアなどが可能となります。

レムは現在、セカンドアースのみで使用している通貨ですが、将来的に、情報財以外での現実品や価値にも適用可能な決済手段となるよう拡大を目指しています。現在のVR技術の進歩とその情報拡散速度うを踏まえると、レムは単なる投機目的のためだけではなく長期的に経済や社会、ビジネスを根本から変えてゆく、未来ある投資先として機能する仮想通貨となります。

セカンドアースはあくまで仮想世界の話しです。現実世界に近づくものであっても、私達の身体は失われません。同様に、VR空間では代替できない実体あるモノ、物理的距離、空間、時間、経験の価値が見直されます。一見、矛盾を感じるかもしれませんが、セカンドアースではこれらの価値を否定するのではなく、支援することになります。インフラシステムを使用し、現実世界に持続するあらゆる価値を守り、育むことを目的としています。

重要なのは、私たちがどう生きるか、あるいは、よりよく生きるために必要なものが一体何なのかを知り、そのために現実世界でのサービスを充実させていくことです。現実世界で実現不可なことであっても、仮想世界であれば実現可能なことは多々あります。仮想世界で実現させ、その結果や対価を現実世界へフィードバックすることになります。さらに言えば、現実であるか仮想であるかの壁は存在せず、何かを解決する際の障害をないものとしています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. タイ料理を食べた後に、美容室でトリートメントをしてからヨガへ行こう、もしもこんな休日のスケジュールを…
  2. ラーク動物病院は大阪府寝屋川市東香里園町にあり、イヌやネコ、うさぎ、ハムスター、フェレット、一部の小…
  3. 社会・環境保全活動に取り組んでいる企業は数多くあります。このような活動は企業の経営の機動性や透明性、…
ページ上部へ戻る